『和』と『洋』のコラボレーション​。

畳空間の畳を新たに入れ替え。

お客様を迎える準備は万端。 そして・・・。

洋間続きの畳空間は『洋』に馴染むように琉球畳を使用。

和を生かしながら洋の空間を梁の色合わせにて

上手に提案。和と洋のコラボが実現しました。

 

© 2020- ikemotohome.com